プラスチック容器を検品して箱詰めをする仕事

スーパーやコンビニで売られている、お惣菜やお弁当を入れるプラスチック容器の製造会社で働きました。主な仕事内容は、製造されてきた容器を検品する仕事です。ひとつひとつ目で検品するので、慣れるまでは本当に大変でした。朝1番にする事は、掃除です。昨日出たゴミが、今日の製品に紛れ込まないように隅々まで掃除をします。掃除は、掃除機と雑巾で行います。掃除機で床や機械下を吸い取り、雑巾で作業台とベルトコンベアーの消毒を行います。これが1番大事な仕事かもしれないですね!その後は、出荷準備です。倉庫からダンボールを運び、日付や製品番号が間違っていないように注意しながら行います。いよいよ検品作業が始まります。プラスチック容器が次々とベルトコンベアーから流れてくるので、それを一気にまとめ、ゴミや形の崩れが無いか目で確認します。全部大丈夫だと確認できたら、枚数を数えて出荷します。初めて仕事をした時は、検品量が沢山だったのと流れ作業になかなか慣れませんでした。しかし、出荷先の企業さんからのクレームや不良の連絡がなかった日はホッと安心し、次も頑張るぞ!と活力となりました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA