日焼け止めは重ね塗りにこだわっています。

焼けて色が少々黒くなるのはかまいませんが、シミやシワの原因になるのが許せないのでかなり力を入れて紫外線対策をしています。

顔には日焼け止めクリームを二度塗りします。一重塗りだと汗で流れ落ちてしまえば素肌状態になりますが、二度塗りしておくと一層目がたとえ流れ落ちてもまだ二層目が残っているので日焼け止め効果は持続しているように思います。また、顔だけではなく体も二重塗りをしています。

まずは、UVカット効果のあるボディーシートで露出部分を拭いて、更にその上からUVカットスプレーをふりかけます。シートでは手が届かない部分でもスプレーをまくことでまんべんなく体をガードしています。

そして、忘れがちな部位、手の甲と足の甲は非常に焼けやすいので、UVシートで拭いた後にSPF50のクリームを重ね塗りします。手の甲にシミができると一気に老け込むのを避けるためと足はサンダル焼けしないようにSPFの高い物をしっかり塗り込んで密着させガードしています。PR:枚方市のロボット教室情報

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA